コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角運動量加成則 law of additivity of angular momentum

法則の辞典の解説

角運動量加成則【law of additivity of angular momentum】

2種類の角運動量の和に関する法則.古典力学においてはそれぞれの角運動量のベクトル和として与えられる.量子力学においては,2種類の角運動量演算子 L1L2 の和を L(=L1L2)とすると,L1L2 が可換であれば L は角運動量演算子の交換関係を満たす.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android