コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交換関係 こうかんかんけいcommutation relation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交換関係
こうかんかんけい
commutation relation

量子力学において2つの演算子 AB に対し,交換子 [AB]=ABBA を規定する関係式。演算子に対応する物理量の性質を決めるもので,量子条件ともいう。たとえば,運動量 p と座標 q の間には [pq]=-ih/2π ( h はプランク定数) という交換関係を仮定するが,物理的にいえば,位置をはっきり決めると運動量の値は不確定になり,逆に運動量を決めると位置が不確定になるという不確定性原理を表現している。量子力学での [AB]=(2π/ih) は古典力学のポアソンかっこに対応する。場の量子論では場の演算子に対する交換関係が設定されるが,ボソンに対しては交換子を用い,フェルミオンに対しては反交換子を用いる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうかんかんけい【交換関係 commutation relation】

量子力学や場の理論において重要な役割を演ずる概念。古典力学においては,物理量(粒子の位置,運動量,エネルギー,角運動量など)は単なる数であるが,量子力学においては状態に作用する演算子である。演算子とは,一つの状態ψに作用して,他の状態ψ′を作り出すものであり,これをψ′=Aψと書く。二つの演算子をA,Bとしたとき,一般にABψ≠BAψである。すなわち,演算子は作用する順序が異なれば結果も異なる。例えば,Nを粒子数演算子,aを粒子の生成演算子とすれば,Naψ=a(N+1)ψとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうかんかんけい【交換関係】

〘物〙 二つの物理量に対応する演算子の積と、それらの順序を交換してとった積との差または和を規定する関係式。量子力学では、物理量の間に交換関係を与えることによって物理量を量子化する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

交換関係
こうかんかんけい

二つの線形演算子(線形作用素)ABについてABBAなる演算子をABとの交換子とよび、[A, B]と書く。これが演算子C(単なる数でもよい)に等しいとき
  [A, B]=C
ABの交換関係、あるいは交換子とよぶ。量子力学における座標qと運動量pやその他の物理量は、一般には積(掛け算)の結果がその演算の順序によって異なるような線形演算子である。とくに、qpとの間には
  [q, p]=i
  (h/2π; hはプランク定数)
の関係が成り立つ。qpは、qp, p→-qの入れ替えに対しても交換関係の変わらない特別の変数の組である。このときqpを正準共役(せいじゅんきょうやく)な変数、この場合の交換関係を正準交換関係という。qpの関数である他の物理量の間の交換関係は、この正準交換関係から定まる。またABBAを{A, B}または[A, B+と書いて反交換関係とよび、しばしば用いられる。
 正準交換関係から、位置と運動量との間の不確定性関係が導き出される。交換関係の右辺が0、すなわち[A, B]=0ならば、ABとは互いに可換であるという。異なる力学的自由度に属する正準変数どうしは互いに可換である。可換な物理量は同時に正確に測定値を知ることができるので、不確定性関係を生じない。また、qpとの任意の関数どうしの交換関係は、古典力学における正準共役な力学変数の関係式(ポアソン括孤(かっこ))と形式的に似た形をしており、量子力学的記述の古典論的極限と結び付いている。粒子のスピンや角運動量を表す力学変数の間にも特定の交換関係が成り立つ。これらの異なる空間成分(x成分とy成分など)は一般に可換ではない。また全角運動量を表す演算子は、空間において力学系全体の回転を誘起する働きをもっている。正準交換関係は、場の量子論に拡張されて場の演算子の交換関係となる。また、角運動量の場合と同形の、またはより一般化されたリー代数の交換関係は、異なる素粒子間の相互関連を表すさまざまの対称性を記述するために広く用いられている。[牧 二郎]
『斎藤理一郎著『量子物理学』(1995・培風館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

交換関係の関連キーワードヨルダン(Ernst Pascual Jordan)閉じたシステム・開いたシステムヨルダン‐ヴィグナー交換関係贈与(文化人類学)マトリックス力学角運動量加成則超多時間理論マルクス主義量子電磁力学資本主義社会プランク定数不確定性原理農民層分解租税交換説第二量子化蝦夷地交易世界経済量子条件労働契約市民社会

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

交換関係の関連情報