解き衣の(読み)トキギヌノ

デジタル大辞泉の解説

ときぎぬ‐の【解き衣の】

[枕]解き衣の乱れやすいことから、「思ひ乱る」「恋ひ乱る」にかかる。
「―思ひ乱れて恋ふれども」〈・二九六九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ときぎぬの【解き衣の】

( 枕詞 )
解いた衣の乱れやすいことから、「思ひ乱る」「恋ひ乱る」にかかる。 「 -思ひ乱れていつしかと/万葉集 2092」 「 -恋ひ乱れつつ浮き砂まなご/万葉集 2504

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android