触ぬ神に祟りなし(読み)さわらぬかみにたたりなし

  • さわら
  • ぬ 神(かみ)に祟(たた)りなし

精選版 日本国語大辞典の解説

物事にかかわりあわなければ、わざわいを招くことはないのたとえ。
※浄瑠璃・吉野都女楠(1710頃か)五「無道の盛長ちっ共恐れず、よしよしさはらぬ神にたたりなし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android