コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無道/不道 ブドウ

デジタル大辞泉の解説

ぶ‐どう〔‐ダウ〕【無道/不道】

[名・形動]《「ぶとう」とも。「不道」の場合は「ふどう」とも》
人の道にはずれること。また、そのさま。非道。「悪逆―」
「欲心に義を忘れたる五大院右衛門が心の程、希有(けう)なり、―なりと」〈太平記・一一〉
見苦しいこと。また、そのさま。
「憎らしい―な形(なり)で、遠慮会釈もなう」〈浄・大経師
律の八虐の一。残虐な殺人、近親者に対する殺人などの罪。

む‐どう〔‐ダウ〕【無道】

[名・形動]行いが人の道にそむいていること。道理にはずれていること。また、そのさま。非道。「目に余る無道な仕打ち」「悪逆無道

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

むどう【無道】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
道理に合わないこと。人の道にそむいたひどいおこないをすること。また、そのさま。非道。ぶどう。 「悪逆-」 「 -な振る舞い」 「不忠だとか大逆-だとか/一隅より 晶子
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

無道/不道の関連キーワード務・夢・武・無・矛・霧妹背山婦女庭訓冷やす・冷す物部伊勢父根軌道(鉄道)スイセイジュ御成敗式目秕政・粃政和気清麻呂造反有理六師外道封神演義被子植物承久の乱慶安事件織田無道キサース京極高国悪逆無道箕子朝鮮

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android