計曲線(読み)けいきょくせん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

計曲線
けいきょくせん

地表面の形を地図に表現する等高線のうち、太い実線で表されているもの。等高線の標高値を読み取るときの目安になる。国土地理院発行の縮尺2万5000分の1の地形図では10メートルごとに、5万分の1の地形図では20メートルごとに等高線が引かれ、その5本目ごとが計曲線になっている。[五條英司]
『清水靖夫監修、渡辺一夫著『地図の読みかた遊びかた絵事典』(2003・PHP研究所) ▽日本地図センター編・刊『地形図の手引き』4訂版(2003)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android