コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等高線 とうこうせん contour; contour line

5件 の用語解説(等高線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

等高線
とうこうせん
contour; contour line

かつて水平曲線といった。同一標高の点を結んだ軌跡を地図上に描示した曲線。土地の起伏の状況を表わすのに用いられる。主曲線,補助曲線,計曲線に分けられる。地形図などでは主曲線は地図の縮尺に応じた等間隔の標高差 (等高線間隔) の等高線で,普通は細い実線で表わされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とうこう‐せん〔トウカウ‐〕【等高線】

地図上で、陸地の高低を正確に表現するために、標高の等しい地点を結んだ曲線。コンター

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

等高線【とうこうせん】

コンターcontour。地図上に地形の起伏を正確に表現するため高さの等しい点を結んだ線。標高表示の基準面から一定高度間隔(五万分の一地図では20m)の平行面で切った土地の切口を表し,これを主曲線という。
→関連項目五万分の一地図地形模型

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

とうこうせん【等高線】

地形の高低や傾斜の緩急を地図に表すため、標高の等しい点を連ねた曲線。5万分の1の地図では高低差を20メートルごとに実線で、100メートルごとに太線で示している。水平曲線。同高線。等高曲線。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

等高線
とうこうせん

標高(海抜高度)の等しい地点を連ねた線を地図上に表したもの。土地の起伏の状態を地図に表現するためのもっとも優れた方法とされている。等高線は、縮尺の小さい地図を除いて、一定の標高差ごとに表されるのが普通である。この標高差を等高線間隔といい、地図の縮尺と、対象となる土地の起伏や傾斜の状況から定められる。また、等高線のところどころにその標高の値が表示される。地図上で等高線が接近しているほど傾斜が急であることを示し、谷筋では等高線が上流側に食い込み、尾根の部分では逆に外側に突き出した形になる。等高線のうち、一定の間隔ごとに実線で描かれるものを主曲線、このうち太い実線で表されるものを計曲線という。また、細かい起伏を表現する必要のあるところでは、等高線間隔の2分の1や4分の1の標高の補助曲線が用いられるが(たとえば国土地理院発行の2万5000分の1や5万分の1の地形図)、これらは破線によって表される。[五條英司]
『清水靖夫監修、渡辺一夫著『地図の読みかた遊びかた絵事典』(2003・PHP研究所) ▽日本地図センター編・刊『地形図の手引き』4訂版(2003)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

等高線の関連キーワード完全四辺形作用点ジョルダン曲線代数曲線水平曲線誤差曲線発育曲線パール‐リード曲線ブリアンションの定理背水曲線

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

等高線の関連情報