コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

計画された偶発性理論 ケイカクサレタグウハツセイリロン

1件 の用語解説(計画された偶発性理論の意味・用語解説を検索)

人事労務用語辞典の解説

計画された偶発性理論

計画された偶発性理論」(Planned Happenstance Theory)とは、米スタンフォード大学ジョン・D・クランボルツ教授が提唱したキャリア理論で、個人のキャリア形成は予期せぬ偶発的な出来事に大きく影響されるものであり、その偶然に対して最善を尽くし、より積極的な対応を積み重ねることによってステップアップできるという考え方です。
(2011/3/14掲載)

出典|『日本の人事部』
Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

計画された偶発性理論の関連キーワードアインシュタイン偶発偶発犯性理偶発故障リーダーシップの特性理論重力の理論海鳥・サメ行動国際計画SUSY粒子(超対称性粒子)プランドハプンスタンス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone