コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

計画された偶発性理論 ケイカクサレタグウハツセイリロン

1件 の用語解説(計画された偶発性理論の意味・用語解説を検索)

人事労務用語辞典の解説

計画された偶発性理論

計画された偶発性理論」(Planned Happenstance Theory)とは、米スタンフォード大学ジョン・D・クランボルツ教授が提唱したキャリア理論で、個人のキャリア形成は予期せぬ偶発的な出来事に大きく影響されるものであり、その偶然に対して最善を尽くし、より積極的な対応を積み重ねることによってステップアップできるという考え方です。
(2011/3/14掲載)

出典|『日本の人事部』
Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

計画された偶発性理論の関連キーワードアインシュタイン偶発偶発犯性理偶発故障リーダーシップの特性理論重力の理論海鳥・サメ行動国際計画SUSY粒子(超対称性粒子)プランドハプンスタンス

今日のキーワード

参院選の日程

改選議員が任期満了を迎える7月25日の前30日以内に実施される。参院選を「18歳選挙」の対象とするためには6月20日以降の公示とする必要がある。投票日を通例の日曜日とすれば、候補は7月10日、17日、...

続きを読む

コトバンク for iPhone