最善(読み)さいぜん

精選版 日本国語大辞典 「最善」の意味・読み・例文・類語

さい‐ぜん【最善】

〘名〙 最もよいこと。また、いちばん適当なこと。ベスト。
西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉八「何となれば、下賤なる労工は、畢竟最善の教養にして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「最善」の意味・読み・例文・類語

さい‐ぜん【最善】

いちばんよいこと。いちばん適切なこと。「最善方法をとる」⇔最悪
できるかぎりのこと。ベスト。「最善を尽くす」
[類語]次善一番一等一級無上至上至高最高最上最良随一ぴか一白眉はくびベストナンバーワントップ最も

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「最善」の読み・字形・画数・意味

【最善】さいぜん

最も善い。

字通「最」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android