最善(読み)さいぜん

精選版 日本国語大辞典「最善」の解説

さい‐ぜん【最善】

最もよいこと。また、いちばん適当なこと。ベスト
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉八「何となれば、下賤なる労工は、畢竟善の教養にして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「最善」の解説

さい‐ぜん【最善】

いちばんよいこと。いちばん適切なこと。「最善の方法をとる」⇔最悪
できるかぎりのこと。ベスト。「最善を尽くす」
[類語]次善一番一等一級無上至上至高最高最上最良随一ぴか一白眉はくびベストナンバーワントップ最も

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android