最善(読み)さいぜん

精選版 日本国語大辞典「最善」の解説

さい‐ぜん【最善】

最もよいこと。また、いちばん適当なこと。ベスト
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉八「何となれば、下賤なる労工は、畢竟善の教養にして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「最善」の解説

さい‐ぜん【最善】

いちばんよいこと。いちばん適切なこと。「最善の方法をとる」⇔最悪
できるかぎりのこと。ベスト。「最善を尽くす」
[類語]次善一番一等一級無上至上至高最高最上最良随一ぴか一白眉はくびベストナンバーワントップ最も

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「最善」の解説

【最善】さいぜん

最も善い。

字通「最」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android