コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

計算科学技術活用型特定研究開発推進事業

1件 の用語解説(計算科学技術活用型特定研究開発推進事業の意味・用語解説を検索)

産学連携キーワード辞典の解説

計算科学技術活用型特定研究開発推進事業

「計算科学技術活用型特定研究開発推進事業」とは、ネットワークを活用した研究開発の推進のため、シミュレーション等の計算科学技術の活用する研究開発を特定分野において推進することを目的とした事業。「計算科学技術活用型特定研究開発推進事業」は、「科学技術振興事業団によって提示された研究課題に対して、研究者の公募が行われる。「計算科学技術活用型特定研究開発推進事業」の期間は3年間で1年あたり4千万円程度の助成が想定されている。

出典|(株)アヴィス
産学連携キーワード辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone