コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

計算科学技術活用型特定研究開発推進事業

産学連携キーワード辞典の解説

計算科学技術活用型特定研究開発推進事業

「計算科学技術活用型特定研究開発推進事業」とは、ネットワークを活用した研究開発の推進のため、シミュレーション等の計算科学技術の活用する研究開発を特定分野において推進することを目的とした事業。「計算科学技術活用型特定研究開発推進事業」は、「科学技術振興事業団によって提示された研究課題に対して、研究者の公募が行われる。「計算科学技術活用型特定研究開発推進事業」の期間は3年間で1年あたり4千万円程度の助成が想定されている。

出典 (株)アヴィス産学連携キーワード辞典について 情報

計算科学技術活用型特定研究開発推進事業の関連キーワードACT

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android