コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

計算科学技術活用型特定研究開発推進事業

1件 の用語解説(計算科学技術活用型特定研究開発推進事業の意味・用語解説を検索)

産学連携キーワード辞典の解説

計算科学技術活用型特定研究開発推進事業

「計算科学技術活用型特定研究開発推進事業」とは、ネットワークを活用した研究開発の推進のため、シミュレーション等の計算科学技術の活用する研究開発を特定分野において推進することを目的とした事業。「計算科学技術活用型特定研究開発推進事業」は、「科学技術振興事業団によって提示された研究課題に対して、研究者の公募が行われる。「計算科学技術活用型特定研究開発推進事業」の期間は3年間で1年あたり4千万円程度の助成が想定されている。

出典|(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

計算科学技術活用型特定研究開発推進事業の関連キーワード科学技術基本法科学技術庁科学技術振興事業団JRDC日本科学技術情報センター科学技術振興機構(JST)国際共同研究事業戦略的創造研究推進事業未来開拓学術研究推進事業ACT-JST

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone