コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

助成 ジョセイ

デジタル大辞泉の解説

じょ‐せい【助成】

[名](スル)研究や事業が発展し完成するよう援助すること。「産業開発を助成する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

助成 すけしげ

?-? 鎌倉時代の刀工。
助行の子。備前(岡山県)福岡一文字派。助真(すけざね)の親という。承元(じょうげん)2年(1208)後鳥羽(ごとば)上皇の番鍛冶(ばんかじ)をつとめ,長門守(ながとのかみ)と称した。銘は「一助成」。初名は助重。通称は次郎太夫

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょせい【助成】

( 名 ) スル
主に経済面で援助して、事業・研究などを完成させること。 「 -金」 「研究を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

助成の関連キーワード雇用調整助成金(中小企業緊急雇用安定助成金を含む)民主党の主な子育て支援策(マニフェストから)被災者雇用開発助成金と地域雇用開発助成金被爆者援護法にもとづく医療費支給不妊に悩む方への特定治療支援事業乳幼児(子ども)医療費助成制度中小企業基盤人材確保助成金ディーラープロモーション水田利活用自給力向上事業県内のNICUの入院費用ETC設置に対する助成インターミディアリー難病医療費等助成制度地域連携推進研究費コミュニティー財団労働移動支援助成金不燃建築物促進制度子どもの医療費助成ETCの助成制度アーツカウンシル

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

助成の関連情報