コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

討幕 トウバク

大辞林 第三版の解説

とうばく【討幕】

( 名 ) スル
幕府を討つこと。幕府を攻め討つこと。 「尊皇-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の討幕の言及

【尊王論】より

…幕藩制の政治機構とは離れて,むしろそれに対立する形で彼らが独自の政治運動を始めたことは画期的であるが,ここでは幕府に任せていたら日本はやがて西洋列強の植民地となってしまうといった危機感を基礎として,攘夷論が激しく高揚する。それにつられて,尊王論も敬幕論から明確に分離し,反幕さらに討幕の意味を帯びて急激に盛り上がる。この過程でかつての〈委任論〉は,天皇=朝廷が積極的に国政に関与するのを支えるだけでなく,天皇こそが日本の最高かつ正統な君主だという観念を普及させる役割を演ずる。…

※「討幕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

討幕の関連キーワード足利氏木像梟首事件王政復古[日本]薩長芸三藩盟約ええじゃないか中山忠能日記京都見廻組討幕の密勅多治見国長頼三樹三郎征討大将軍中岡慎太郎真木和泉徳川慶喜二条道平倒幕運動薩土盟約浅野長勲松平容保鬼頭仲次大政奉還

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

討幕の関連情報