コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

託ち種 カコチグサ

デジタル大辞泉の解説

かこち‐ぐさ【託ち種】

そのことのせいにするためのたね。口実。
「百に一つも世にある事もあらば、―にもし候へ」〈盛衰記・二六〉
恨み・嘆きを引き起こすもと。
「消えぬ憂き身の―、何を種とか我が思ひ」〈松の葉・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かこちぐさ【託ち種】

かこつけにできるもの。口実。 「 -にもし給へ/盛衰記 26
恨みの種。 「閨ねやの-絶えし契りの一節ひとふし/浄瑠璃・壇浦兜軍記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

託ち種の関連キーワード憂き身