コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源平盛衰記 げんぺいせいすいき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

源平盛衰記
げんぺいせいすいき

鎌倉時代の軍記物語。「げんぺいじょうすいき」とも読む。『平家物語』の数多い異本の一つ。 48巻。いくつかの異本によって集大成したもので,編次や記事に重複や矛盾が多く,統一を欠くうらみがある。しかし源氏関係の記事,挿話などを多く含み,内容豊富。『平家物語』が「語り物」であるのに対して,これは読み物風。本書特有の記事から題材をとった作品も多く,後世への影響は大きい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

げんぺいじょうすいき〔ゲンペイジヤウスイキ〕【源平盛衰記】

鎌倉中期から後期の軍記物語。48巻。作者・成立年代ともに未詳。平家物語の異本の一つとみられる。源氏関係の記事、仏教説話、中国故事などが増補されている。盛衰記。げんぺいせいすいき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

源平盛衰記【げんぺいせいすいき】

鎌倉時代の軍記物語。〈げんぺいじょうすいき〉とも読む。48巻。作者不詳。鎌倉中・末期の成立か。《平家物語》をもとに増補改修したらしく,筋に大差はないが,内容は詳細,豊富で《平家物語》の特殊な一異本というべきもの。
→関連項目赤坂下津倶利伽羅峠の戦澄憲

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

げんぺいせいすいき【源平盛衰記】

鎌倉時代の軍記物語。48巻。〈げんぺいじょうすいき〉ともいう。祇園精舎(ぎおんしようじや)で始まり,建礼門院往生で終わる大筋の骨格は《平家物語》(覚一(かくいち)本系)と同じであり,その異本の一種であるが,和漢の故事や説話を大量にとりこんで,《平家物語》の3倍近い大部な本となっており,同様の特徴を持つ《平家物語》の延慶(えんきよう)本・長門本とともに増補系諸本とか,広本とか呼ばれている。また琵琶語りの詞章としてつくられた語り本系の《平家物語》に対して,読むことを主眼とした本として,〈読本系諸本〉と呼ばれることもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

げんぺいじょうすいき【源平盛衰記】

軍記物。四八巻。作者未詳。鎌倉後期以降に成立。「平家物語」の異本の一種。一般に流布した「平家物語」に比べて歴史を精密に再現しようとする傾向が強く、そのため文体も、やや流麗さを欠く。ただし謡曲・浄瑠璃など後世の文芸への影響は大きい。げんぺいせいすいき。盛衰記。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

源平盛衰記の関連キーワード源平盛衰記(げんぺいせいすいき)三浦大助紅梅靮ひらかな盛衰記須磨都源平躑躅ひらがな盛衰記灯台鬼・燈台鬼三日平氏の乱宇治川の先陣太宰春台母常陸坊海尊和漢混淆文今井魯斎袈裟御前還り殿上滝口入道金売吉次秋里籬島四十八手伊東燕晋佐藤継信

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

源平盛衰記の関連情報