口実(読み)コウジツ

デジタル大辞泉の解説

こう‐じつ【口実】

言い逃れや言いがかりの材料。また、その言葉。「病気を口実に欠席する」「口実を与える」「口実をさがす」
日ごろよく口にする言葉。言いぐさ。
「朝暮の―として誦しける」〈今昔・一五・四三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうじつ【口実】

責任のがれや弁解のための理屈。また、いいがかりの材料。 「うまい-を作る」 「 -を設けて欠席する」 「保護を-に侵入する」
いいぐさ。よく口にする言葉。 「朝暮の-として誦しける/今昔 15

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐じつ【口実】

〘名〙
① 生活するのに必要なもとで。糊口の資。口すぎのもと。〔後漢書‐劉般伝〕
② もの言いをする材料とするもの。いいぐさ。かたりぐさ。また、よく口にすることば。
※三教指帰(797頃)上「非只蛭牙之為一レ誡、余亦充身之口実矣」
※今昔(1120頃か)一五「浄心信敬 不生疑或 不堕地獄 餓鬼畜生 若在仏前 蓮花化生 と云ふ文を朝暮の口実として誦ける」 〔春秋左伝‐襄公二〇年〕
③ 言いわけや言いのがれの、あるいは非難、攻撃などの言いがかりの材料。また、そのことば。
※拘幽操辨(1686)「武王があの口実の言をみなんだか」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一二「プロベブルな〔ほんとらしい〕口実(コウジツ)を設けて」
④ 食べ物。
※六如庵詩鈔‐二編(1797)三・秋半樵夫来売松蕈大可豆子索価甚貴戯賦「口実細思殊小事、忍遅数日賤如泥」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

口実の関連情報