コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詣で マデ

デジタル大辞泉の解説

まで【詣で】

動詞「まう()づ」の未然・連用形「まうで」の音変化。→詣(もう)でる
「つねに―まほしうなりて」〈・三三〉

もうで〔まうで〕【詣で】

もうでること。参詣(さんけい)。「初詣で」「墓詣で
[補説]「永田町詣で」のように、参上・伺候の意で使うこともある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まで【詣で】

動詞「まうづ(詣)」の連用形「まうで」の転。 「あい宮の御もとに-給ひて/多武峰少将」

もうで【詣で】

もうでること。参詣。 「鹿島-」 「初-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

詣での関連キーワードなじょうことかあらむ物詣で・遊山御生・御阿礼御手洗参り八十島巡り七福神詣で熊野詣で天下茶屋入れ仏事大山詣で鹿島紀行愛宕参り高野参り恵方参り白朮参り稲荷詣で下の十日千日参り百日参り熊野参詣

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

詣での関連情報