コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永田町 ながたちょう

7件 の用語解説(永田町の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

永田町
ながたちょう

国会議事堂首相官邸などが東京都千代田区永田町にあることから,日本の国政や,その担い手を指す比喩としてしばしば用いられる。また,職業政治家は一般の国民とは異なった行動様式を取りがちであることから,国民世論から遊離した政治を批判するニュアンスを込めて「永田町政治」といわれることもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ながた‐ちょう〔‐チヤウ〕【永田町】

東京都千代田区の地名。皇居の南西に位置する。国会議事堂国会図書館首相官邸などがあり、国政の中心地。
にあるところから)首相官邸並びにその組織を指していう語。また、政界を漠然と指していう語。「解散総選挙の気運が永田町で高まっている」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

永田町【ながたちょう】

東京都千代田区南西部の町名。江戸時代武家屋敷町。国会議事堂,衆参両院の議員会館,首相官邸,総理府があり,日本の立法,行政の中枢。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ながたちょう【永田町】

東京都千代田区南部の地名。皇居の桜田堀をへだてた南西側台地上に位置する。永田町南部にあたる日枝(ひえ)神社境内および周辺は江戸時代,桜の名所として庶民に親しまれた。明治初期より陸軍省,参謀本部,各国大使館が集中し,現在は国会議事堂,首相官邸,国立国会図書館などが設けられ,隣接する霞が関とともに日本の政治の中枢地区となっている。〈永田町〉といえば,現在は日本の政治中枢の代名詞であるが,第2次大戦中までは陸軍参謀本部の別称であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ながたちょう【永田町】

◇ 東京都千代田区の南端の地区。皇居の南西にあり、国会議事堂・首相官邸などがある。
転じて、政界を漠然とさしていう語。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都〕永田町(ながたちょう)


東京都千代田(ちよだ)区南西部の地区名。国会議事堂があり、日本の政治の中枢をなす。皇居の南西に位置する。江戸時代は大名・旗本の屋敷地。首相官邸・国会図書館・衆参両院の議員会館・政党本部などが集中。また南西側には日枝(ひえ)神社があり、山王(さんのう)祭で有名。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

永田町
ながたちょう

東京都千代田区、皇居の南、内堀(桜田堀)を隔てた地区。山手(やまのて)台地を占め、国会議事堂があり政治の中心地で、「永田町」といえば日本政界の代名詞。江戸初期、永田伝十郎ら永田姓の武家屋敷が多かったのが地名の由来といわれる。譜代(ふだい)諸大名の屋敷地であったが、明治初期は軍用地などとなり、1920年(大正9)国会議事堂の建設に着手、1936年(昭和11)完成、永田町の名は国政の中心として知られるに至った。議事堂のほか首相官邸、衆参両院の議員会館、国立国会図書館、内閣府(旧、総理府)、山王祭で名高い日枝(ひえ)神社などがある。法務省旧本館(赤れんが棟)は国指定(1994)重要文化財。東京メトロ丸ノ内線・千代田線・有楽町線・半蔵門線・南北線の各線が通じている。なお首都高速道路都心環状線が北側と東側、内堀通りが北側、外堀通りが南側を通り、緑に囲まれた近代的景観の美しい地区である。[沢田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永田町の関連キーワード東京都千代田区一番町東京都千代田区九段北東京都千代田区九段南東京都千代田区皇居外苑東京都千代田区麹町東京都千代田区三番町東京都千代田区千代田東京都千代田区隼町東京都千代田区富士見東京都千代田区四番町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

永田町の関連情報