永田町(読み)ながたちょう

  • ながたちょう ‥チャウ
  • ながたちょう〔チヤウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国会議事堂や首相官邸などが東京都千代田区永田町にあることから,日本の国政や,その担い手を指す比喩としてしばしば用いられる。また,職業政治家は一般の国民とは異なった行動様式を取りがちであることから,国民世論から遊離した政治を批判するニュアンスを込めて「永田町政治」といわれることもある。永田町に隣接する千代田区霞が関には中央省庁が集中しているために「霞が関」は,日本の中央官庁の比喩として用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

東京都千代田区南部の地名。皇居の桜田堀をへだてた南西側台地上に位置する。永田町南部にあたる日枝(ひえ)神社境内および周辺は江戸時代,桜の名所として庶民に親しまれた。明治初期より陸軍省参謀本部,各国大使館が集中し,現在は国会議事堂,首相官邸,国立国会図書館などが設けられ,隣接する霞が関とともに日本の政治の中枢地区となっている。〈永田町〉といえば,現在は日本の政治中枢の代名詞であるが,第2次大戦中までは陸軍参謀本部の別称であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

◇東京都千代田区の南端の地区。皇居の南西にあり、国会議事堂・首相官邸などがある。
転じて、政界を漠然とさしていう語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東京都千代田区、皇居の南、内堀(桜田堀)を隔てた地区。山手(やまのて)台地を占め、国会議事堂があり政治の中心地で、「永田町」といえば日本政界の代名詞。江戸初期、永田伝十郎ら永田姓の武家屋敷が多かったのが地名の由来といわれる。譜代(ふだい)諸大名の屋敷地であったが、明治初期は軍用地などとなり、1920年(大正9)国会議事堂の建設に着手、1936年(昭和11)完成、永田町の名は国政の中心として知られるに至った。議事堂のほか首相官邸、衆参両院の議員会館、国立国会図書館、内閣府(旧、総理府)、山王祭で名高い日枝神社(ひえじんじゃ)などがある。法務省旧本館(赤れんが棟)は国指定(1994)重要文化財。東京メトロ丸ノ内線・千代田線・有楽町線・半蔵門線・南北線の各線が通じている。なお首都高速道路都心環状線が北側と東側、内堀通りが北側、外堀通りが南側を通り、緑に囲まれた近代的景観の美しい地区である。

[沢田 清]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

東京都千代田区南西部の地名。日本の政治の中心地で、国会議事堂・首相官邸・国会図書館・議員会館などがあり、「日本の政界」の意としても用いる。
※黒潮(1902‐05)〈徳富蘆花〉一「永田町の官邸で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

永田町の関連情報