コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誂ふ アツラウ

デジタル大辞泉の解説

あつら・う〔あつらふ〕【×誂ふ】

[動ハ下二]あつらえる」の文語形。

あと・う〔あとふ〕【×誂ふ/×聘ふ】

[動ハ下二]
結婚を申し込む。妻として迎える。
「黒媛を妃(みめ)とせむと欲(をほ)して、―・ふること既にをはりて」〈履中紀〉
誘う。
「廬城(いほき)の河に武彦を―・へ率ゐて」〈雄略紀〉
あつらえる。注文する。
「ほととぎす春を鳴けとも―・ふとも」〈古今六帖・四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あつらう【誂ふ】

( 動下二 )

あとらう【誂ふ】

( 動下二 )
頼んで自分の思うようにさせようとする。誘う。あつらえる。 「皇后を-・へて曰はく/日本書紀 垂仁訓

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone