コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒媛 くろひめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒媛 くろひめ

記・紀にみえる履中天皇の妃。
葦田宿禰(あしだのすくね)の娘。「日本書紀」によれば,磐坂市辺押羽(いわさかのいちのべのおしはの)皇子,御馬(みまの)皇子,青海(あおみの)皇女(飯豊青(いいとよあおの)皇女)を生み,履中天皇5年9月死去したという。羽田矢代(はたのやしろの)宿禰(羽田八代)の娘とする記述もある。「古事記」では黒比売命。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

黒媛の関連キーワード磐坂市辺押羽皇子市辺押羽皇子市辺押磐皇子飯豊青皇女水主内親王住吉仲皇子御馬皇子葦田宿禰葛城氏磐之媛吉備氏結納誂ふ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android