誘出(読み)ユウシュツ

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐しゅつ〔イウ‐〕【誘出】

[名](スル)誘い出すこと。
「港内の敵艦を―する」〈独歩・愛弟通信〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆうしゅつ【誘出】

スル
さそい出すこと。おびき出すこと。 敵を城外に-する

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おびき‐いだ・す【誘出】

〘他サ四〙 =おびきだす(誘出)
※延慶本平家(1309‐10)一末「遊君を召集めて酒盛して、師高ををびき出してを刎ぬべきを支度したりけるに」

おびき‐だ・す【誘出】

〘他サ五(四)〙 だましてさそい出す。おびきいだす。
※史記抄(1477)一二「挑戦はをひき出さうとて、けしゃういくさをするぞ」
※雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉下「夫(あ)の女を此の内へ二三度も誘(オビ)き出し」

さそい‐い・ず さそひいづ【誘出】

〘他ダ下二〙 =さそいだす(誘出)
※夜の寝覚(1045‐68頃)五「乳母どものかぎりしてはうしろめたく侍ればおなじくは添ひて見よと、さそひいでて侍り」

さそい‐だ・す さそひ‥【誘出】

〘他サ五(四)〙 人をって外に出す。おびきだす。また、比喩的に、相手の行為をうながすためにうまくしむける。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※初恋(1889)〈嵯峨之屋御室〉「自分も其笑ひ顔貌(がほ)に誘出されて何故ともなく莞爾した」

そびき‐だ・す【誘出】

〘他サ四〙 だましてさそい出す。無理に引きずり出す。おびきだす。そびきいだす。
※俳諧・毛吹草(1638)五「来ぬ春を世にそびきだす霞哉〈成安〉」

ゆう‐しゅつ イウ‥【誘出】

〘名〙 さそい出すこと。巧みにおびき出すこと。
日本外史(1827)一七「長束正家走保水口。東兵来逼。誘出之。迫使自殺

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android