コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本外史 にほんがいし

6件 の用語解説(日本外史の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本外史
にほんがいし

江戸時代後期の歴史書。 22巻 12冊。頼山陽が 200部余の書を参考にし,20年余の歳月を経て文政 10 (1827) 年に松平定信に献じた。漢の司馬遷の『史記』の体裁にならい,源平両氏から徳川氏まで武家 13氏の盛衰興亡の跡を漢文で記したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にほんがいし〔ニホングワイシ〕【日本外史】

江戸後期の歴史書。22巻。頼山陽著。文政10年(1827)成立。天保7~8年(1836~37)ごろ刊。源平二氏以降徳川氏までの武家の興亡を、漢文体で記したもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

日本外史【にほんがいし】

頼山陽著の歴史書。22巻。1827年松平定信に献じた。源平両氏から徳川氏まで,政権が武門に帰した由来を,史論をはさみつつ精彩な筆致で明らかにした。軍記物に基づいて記してあるため誤りも多いが,幕末〜明治期に広く読まれ,尊王論を鼓舞した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

にほんがいし【日本外史】

源平両氏から徳川氏に至る歴史を,司馬遷の《史記》世家の体裁にならい漢文体で叙述した歴史書。頼山陽の著。1800年(寛政12)脱藩後の幽閉中に執筆を始め,その後推敲(すいこう)を重ね,論賛を加えて26年(文政9)完成。22巻。《通議》日本政記》とともに山陽の歴史書三部作とされる。人物中心の武家興亡史であるが,簡潔・平易な漢文,情熱あふれる名文で叙述された歴史文学ともいえる。史実は《大日本史》などの歴史書以外に,世上に流布した軍記物にもとづいて書かれているため誤りも多いが,特色は儒教の名分論から展開された独自の尊王思想にあり,内容や〈外史氏曰〉として付けられた論賛はもとより,全体構成からもそれがうかがえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にほんがいし【日本外史】

歴史書。二二巻。頼山陽著。1826年成立。36年頃刊。源平二氏から徳川氏まで武家の盛衰興亡の歴史を流暢りゆうちような漢文体で記す。情熱的な文章によって愛読され幕末尊王思想に影響を与えた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本外史
にほんがいし

江戸後期の歴史書。22巻。頼山陽(らいさんよう)著。1827年(文政10)に完成し、松平定信(さだのぶ)に献呈された。1836~37年(天保7~8)ごろ刊行。源平二氏から徳川氏に至る武家の興亡が家別・人物中心に漢文で記述されている。20余年の歳月を費やし心血を注いでなった山陽のライフワークであり、生前から写本として流布し、死後刊行されて未曽有(みぞう)の大ベストセラーとなった。明治以後、諸外国においても復刻本や翻訳本が刊行された。ただし本書を学問的立場からみると、史実に誤謬(ごびゅう)の多いことが気になる。本書の史論には、(1)日本史上における皇室の存続を重視し、天皇の権威を絶対化する大義名分論の観点と、(2)歴史上政治的実権が次々と交替してきたという事実に注目し、そこに「天」の道徳的理法をみいだすとともに、歴史的世界における政権の変動を不可避の「勢」とみる観点が認められる。また(2)によって徳川幕府の衰亡を暗示したのではないかと推察される叙述もある。こうした史論が、情熱的な名文と相まって幕末の尊王運動に大きな影響を与えた。[石毛 忠]
『頼惟勤編・訳『日本の名著 28 頼山陽』(1972・中央公論社) ▽頼成一・頼惟勤訳『日本外史』全3巻(改訳版・岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の日本外史の言及

【頼山陽】より

…この前後,ときに気鬱の病を発していたが,1800年脱藩,連れ戻されて一室に幽閉された。やがて読書を許され,この間史書執筆を志し,《日本外史》を起稿。03年(享和3)廃嫡となり,2年後に門外自由の身となった。…

※「日本外史」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本外史の関連キーワード史記司馬遷正史読史余論武徳大成記列伝体司馬談大阪府立狭山池博物館久世長宣治承・寿永の内乱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本外史の関連情報