語臣猪麻呂(読み)かたりのおみいまろ

精選版 日本国語大辞典の解説

かたりのおみ‐いまろ ‥ゐまろ【語臣猪麻呂】

出雲国意宇郡地方の語部(かたりべ)の氏族の長。「出雲国風土記」に、天武天皇三年(六七四)、毘売崎(ひめさき)で娘を食ったワニザメを神に祈って引き寄せ、鋒(ほこ)で刺し殺して復讐した話がみえる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる