コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出雲国風土記 いずものくにふどき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出雲国風土記
いずものくにふどき

出雲国 (島根県) に関する古代の地誌。1巻。和銅6 (713) 年官命によって撰進された国別の地誌。いわゆる「古風土記」中現存する唯一の完本。天平5 (733) 年成立 (再撰説もある) 。郡ごとの筆録編纂者の名とともに全体の編纂者,責任者として神宅臣全太理 (みやけのおみまたたり) ,出雲臣広島の名を伝えている。文体はおおむね漢文体であり,地名の起源や物産記事については詳しく記しているが,その反面伝説,説話については簡単で,歌謡は1首も記録していない。しかし,スサノオノミコトやオオクニヌシノミコトを中心とする神話で『古事記』や『日本書紀』とは異なるものを伝えている点注目される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いずものくにふどき〔いづものくにフドキ〕【出雲国風土記】

奈良時代の地誌。1巻。出雲臣広島編。和銅6年(713)のにより撰進された風土記の一つで、天平5年(733)成立。出雲地方の地勢・地名・物産・伝説などを記す。現存風土記中唯一の完本。出雲風土記。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いずものくにふどき【出雲国風土記】

713年の詔により作られた風土記の一。一巻。出雲国九郡の地理、地名などの由来や伝承などを記す。733年完成。現存する五つの風土記の中で、唯一の完本。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

出雲国風土記
いずものくにふどき

地誌。1巻。現存する五風土記のうち唯一の完本。733年(天平5)2月成立。出雲国9郡の地理、産物、伝説、神話などを郡ごとに記す。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

出雲国風土記の関連キーワード島根県松江市鹿島町佐陀宮内島根県松江市玉湯町玉造湯村温泉(島根県)もそろもそろに八束水臣津野命海潮[温泉]加藤 義成大社[町]出雲系神話十六島紫菜社部訓麻呂国引き神話奇稲田姫鬼の舌震出雲地方奈良時代神門古禰語猪麻呂加藤義成出雲太田

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出雲国風土記の関連情報