コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誤り検出 あやまりけんしゅつ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

誤り検出
あやまりけんしゅつ
error detection

デジタル符号に誤りがあったとき、これを検出する方法。符号誤り検出code error detectionともいう。詳しい解説については「符号誤り」の項目を参照されたい。[吉川昭吉郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の誤り検出の言及

【符号化】より

…正しい情報uを復元するために,これらの誤りを検出し,訂正する仕組みである誤り訂正符号を用いる。 誤り検出・訂正を可能とするには,nkなる整数の対(n,k)を固定し,長さkの情報語から,ある規則にしたがって,長さnの送信語を作り,それら全体Cを符号とする。この〈符号化〉の手続きは,ふつうk個の情報ビットに,nk個の余分のビット(検査ビット)を追加することによって実現される。…

※「誤り検出」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

誤り検出の関連キーワードリードアフターライトパリティビット誤り制御方式CRCエラープロトコルHDLC冗長

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android