調香師(読み)チョウコウシ

デジタル大辞泉の解説

ちょうこう‐し〔テウカウ‐〕【調香師】

香りを調合する技術者。化粧品などの香りを扱うパヒューマーと、飲食物などの匂いを扱うフレーバリストに分かれる。養成する専門学校などはあるが、特別の資格はない。→臭気判定士

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうこうし【調香師】

香料を調合して、特定の香りをつくりだす専門家。香水や化粧品などの香りをつくるパフューマーと、食品用の香料をつくるフレーバーリストがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の調香師の言及

【香水】より

…香りのタイプもシングルフローラル(単純な花の香り)からオリエンタル(ジャコウなど動物的な香り,ダナの〈タブー〉,ゲランの〈ボル・ド・ニュイ(夜間飛行)〉など),シプレー(シプル島のイメージをもった粉っぽい香り,ゲランの〈ミツコ〉,ディオールの〈ミス・ディオール〉など),フローラルブーケ(花束の香り,ジャン・パトゥの〈ジョイ〉,ニナ・リッチの〈カプリッチ〉など),アルデハイド(合成香料アルデハイドを主調としたモダンな香り,〈シャネルNo.5〉,ランバンの〈アルページュ〉など)と発展し,1970年代からグリーン・ノート(青葉・青草の香り,〈シャネルNo.19〉,Y.サン・ローランの〈イグレック〉など)が流行した。これらの香水の多様な発展には,そのさまざまな微妙な匂いの違いをかぎわけて調合する調香師の果たす役割も見逃せない。 1920年代以前の調合香料は天然香料を主としたものであったが,需要の拡大と合成化学の発達によって,しだいに合成香料の比重が高くなり,調合香料中の合成香料の割合は80%を超えるようになった。…

※「調香師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

調香師の関連情報