コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臭気判定士 シュウキハンテイシ

デジタル大辞泉の解説

しゅうき‐はんていし〔シウキ‐〕【臭気判定士】

悪臭防止法に基づき、嗅覚測定法(機械測定ではなく、人の嗅覚で臭気として判定する方法)の実施にあたる国家資格。測定者の選定試料採取、試験の実施、結果のまとめなどを管理・統括する。この結果をもとに、市町村悪臭を出す事業者に対して改善勧告や改善命令を行う。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

臭気判定士

実はこれ、環境分野の立派な国家資格。人間の鼻で臭いの強さを測定する「嗅覚測定法」の統括者。悪臭が発生した場所で採集した試料を被験者に判定させ、結果をまとめる。必ずしも鼻が利く人ではない。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

臭気判定士の関連キーワード調香師

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

臭気判定士の関連情報