コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

匂い においsmell; odor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

匂い
におい
smell; odor

有臭物質の分子が鼻腔上部にある嗅受容器を刺激することによって生じる感覚体験をさす。嗅覚ともいう。非常に鋭敏で,10-6~10-8g/l の微量でも感知できる。匂いの性質はきわめて多様で,C.リンネ以来いくつかの分類の試みがあるが,H.ヘニングは 1924年に (1) 薬味性,(2) 花香性,(3) 果実性,(4) 樹脂性,(5) 腐敗性,(6) 焦臭性の6種を基本臭とし,経験されるすべての匂いは,この6種の基本臭を頂点とするプリズムの表面上に位置づけられるとして,三角柱状の匂いのプリズムを作成した。 R.H.モンクリエフは 49年に有臭分子の形状が嗅受容器の形状に対応するものと考え,J.E.アモーレは 63年に立体化学的にその考えを発展させて,ショウノウ,ジャコウ,花香,ハッカ,エーテル臭,刺激臭,腐敗臭の7種の基本臭に匂いを分類した。このうち刺激臭,腐敗臭は分子の荷電に関係しているが,他の5つは分子の形状が問題になっている。現在のところ,最も化学的な分類と思われるが,神経生理学からは,このような基本臭の存在に疑問があり,匂いの本質には不明の部分が多い。有臭分子は香料としてだけでなく,昆虫の誘引物質として重要な役割をもつものが少くない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

におい〔にほひ〕【匂い】

そのものから漂ってきて、嗅覚を刺激するもの。「香水の匂い」「サンマを焼く匂い」→臭(にお)い1
いかにもそれらしい感じ・趣。「都会の匂い」「生活の匂い」→臭(にお)い2
芸能や文芸で、表現の内にどことなくただよう情趣・気分・余情。
日本刀の刃と地肌との境に現れた、白くかすんだように見える部分。→沸(にえ)
染め色、襲(かさね)の色目や鎧(よろい)の威(おどし)の配色で、濃い色からしだいに薄くなっていくもの。ぼかし。
匂い威(おどし)」の略。
視覚を通して見られる、鮮やかに美しい色合い。特に、赤色についていう。
「もみち葉の―は繁し然れども妻梨の木を手折りかざさむ」〈・二一八八〉
人の内部から立ち現れる、豊かで生き生きした美しさ。
「―多く見えて、さるかたにいとをかしき人ざまなり」〈・空蝉〉
はなやかで、見栄えのすること。威光。栄華。
「官(つかさ)、位、世の中の―も、何ともおぼえずなむ」〈・椎本〉
10 声が豊かで、つやのあること。
「答へたる声も、いみじう―あり」〈とりかへばや・一〉
[補説]12について、ふつう、好ましいものは「匂い」、好ましくないものは「臭い」と書く。
[用法]におい・かおり――「バラの甘いにおい(香り)が漂う」のように、鼻に感じるここちよい刺激については相通じて用いられる。◇「におい」は良い・悪い・好ましい・不快など、鼻で感じるものすべてについていう。「いいにおい」「アンモニアのにおい」「魚の腐ったようなにおい」◇また、そのもののうちに漂う雰囲気についてもいう。「生活のにおいの漂う文章」◇「香り」は鼻に好ましく感じられるものに限って使われる。「馥郁(ふくいく)たる香り」「香(こう)の香り(薫り)を楽しむ」。また、そのものからおのずから出てくる感じについてもいう。「芸術の香りに満ちた町」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

匂い

 嗅覚を刺激する物質のうち,特に好ましくないものをいう場合が多い.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

匂いの関連キーワードバック(Linda B. Buck)染み込む・染込む・沁み込む香餌の下必ず死魚ありAg+イオンコート香合わせ・香合せ日本味と匂学会テルピネオールひこつかせるフレバリストフレーバーシガーバーリリーサー香嚢・香囊ムイエット折知り顔アクセル嗅ぎ回る隠ぺい剤喉が鳴る白粉臭い

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

匂いの関連情報