コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豆石 まめいしpisolite

翻訳|pisolite

岩石学辞典の解説

豆石

この語は堆積岩にも火山砕屑物にも使用される.ウーライト(oölite)に似た岩石であるが,それよりも粒が粗く,豆(pea)は2~10mmくらいの粒度である.独立した粒をpisolithというが,この語は互いに入れ替わって使われることがある[Bertrand : 1763, Pettijohn : 1975].豆石は(1) 粗粒のoölithであるpisolithが主成分の石灰岩,(2) 普通はpisolithの代わりに用いる,(3) 火山礫(lapilli)でできている岩塊,に用いられる[Robert, et al. : 1983].(4) 火山灰泥でできた同心円状の層からなる球状または楕円体状の塊をいい,これは塵で充満した大気を通って雨粒が落ちてできたか,あるいは塵の粒子の周りに蒸気が凝縮してできたものである[Shrock : 1948, Perret : 1950].ピー・グリット(pea grit), ピーストーン(peastone)は同義.ギリシャ語のpisosは豆の意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

豆石の関連キーワードバイオピソライトアキシオライト状豆石状温泉華ラテライト韮山反射炉幡豆〈町〉ピソライトトロライト泥ペレット凝灰岩球火山豆石化石雨滴火山性霰火山性雹火山豆灰球状構造小松石泥雨滴幡豆泥球

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android