豊明殿(読み)ホウメイデン

大辞林 第三版の解説

ほうめいでん【豊明殿】

皇居内の御殿の一。饗宴に用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほうめい‐でん【豊明殿】

東京の皇居内の御殿の一つ。宴会場として用いられる。
※東京日日新聞‐明治二四年(1891)四月一二日「豊明殿に於て閉院式を行はせらる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の豊明殿の言及

【皇居】より

…いわゆる明治宮殿である。宮殿は銅瓦葺き入母屋造の和風木造建築36棟より成り,公式行事に使用される表宮殿(正殿,豊明殿,鳳凰の間など)と,天皇・皇后の常居する奥宮殿に分かれ,総坪数1万2600余坪にのぼった。また旧時庭園であった吹上地区には,賢所・皇霊殿・神殿の宮中三殿が新建された。…

※「豊明殿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豊明殿の関連情報