豊竹 小松太夫(2代目)(読み)トヨタケ コマツダユウ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

豊竹 小松太夫(2代目)
トヨタケ コマツダユウ


職業
義太夫節太夫(文楽)

専門
人形浄瑠璃

肩書
人形浄瑠璃文楽座事務局長

本名
小西 実

生年月日
昭和7年 11月25日

出生地
大阪府

経歴
昭和27年3代目豊竹つばめ太夫(のち4代目竹本越路太夫)に入門。2代目小松太夫を名乗り、三和会に参加。同年東京三越劇場で初舞台を踏む。品格のある浄瑠璃を聞かせる実力者として知られた。傍ら親睦団体だった文楽座をNPO法人化するために尽力、平成14年発足後は事務局長として小規模公演や小学校での指導など文楽活性化に取り組んだ。

受賞
因協会奨励賞,国立劇場奨励賞〔昭和45年〕,文楽協会賞〔昭和48年〕

没年月日
平成16年 9月20日 (2004年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android