品格(読み)ひんかく

精選版 日本国語大辞典「品格」の解説

ひん‐かく【品格】

〘名〙
① 物の性質のよしあしの程度。品柄質。〔布令字弁(1868‐72)〕 〔韓愈‐画記〕
② 身分や位・格式。
※台記‐康治二年(1143)正月一二日「乍両人、本鳥乱如童云々、如此品格人、刃傷人、我朝未曾有事也」
品位気品
浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「何となく品格のない男」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「品格」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「品格」の解説

【品格】ひんかく

品位。品性。〔鶴林玉露、丙一、花〕洛陽の人は牡丹を謂ひてと爲し、の人は棠(かいだう)を謂ひてと爲す。~亦た歐陽・司馬するの如き、復(ま)たの名字號を指さざるも、其の品格超にして、始めて此れに當つべし。

字通「品」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

亜種

特定のウイルスに似ていながら、微妙に異なる特徴を持つもの。たとえば、メールを自動配信する特定のウイルス「XXX」が固有の件名や添付ファイル名を使用している場合、これと動作は似ていながら、異なる件名や添...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android