コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三和会 みつわかい

1件 の用語解説(三和会の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

みつわかい【三和会】

文楽派分裂時代の一派の名称。1949年,文楽座員の労働組合結成に起因して組合派と非組合派が対立,組合派は松竹を離脱して三和会を結成,自主興行を行うことになった。中心は人形遣い桐竹紋十郎で,豊竹呂太夫竹本住太夫,鶴沢綱造,野沢喜左衛門らが参加した。本拠とする劇場もなく苦しい経営を続けたが,63年に松竹が文楽の経営放棄を宣言したのが契機となって両派が合同,文楽協会の設立となった。非組合派は因会(ちなみかい)を称した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三和会の関連キーワード組合教会楽派小里派オランダ流Сталин谷垣派派分け堀内派鶴沢清八(2代)常磐津文字兵衛(初代)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三和会の関連情報