豚もおだてりゃ木に登る(読み)ぶたもおだてりゃきにのぼる

ことわざを知る辞典「豚もおだてりゃ木に登る」の解説

豚もおだてりゃ木に登る

とりたてて能力のない者でも、まわりからちやほやされると思いもよらないことをやってのける。

[使用例] 別に参院議員が小説書こうと、百恵ちゃんが百万売ろうとかまわぬから、いちいちそれに、ひっそり居職でコツコツ商いをしてる小説書きをひきあいに出さんでもらえんかね。豚もおだてりゃ木に登る、か[中島梓*にんげん動物園|1981]

[解説] 一九七〇年代半ばから放映されたテレビアニメ「タイムボカン」によって爆発的に広まった表現ですが、福島県会津地方で昭和二〇~三〇年代に使われていた表現といいます。影響関係は不明ですが、江戸中期から「豚の軽業」、明治には「豚の木登り」ということわざも知られていました。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「豚もおだてりゃ木に登る」の解説

ぶたもおだてりゃのぼ

能力の低い者でも、おだてられてをよくすると、能力以上のことをやり遂げてしまうことがあるというたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android