コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貝の資料館 かいのしりょうかん

1件 の用語解説(貝の資料館の意味・用語解説を検索)

日本の美術館・博物館INDEXの解説

かいのしりょうかん 【貝の資料館】

徳島県海部郡牟岐町(むぎちょう)にある自然・科学博物館。昭和63年(1988)創立。愛称「モラスコむぎ」。世界中の貝や貝の化石を展示する。地元漁師が捕まえた海洋生物を展示する「漁師さんの水族館」を併設。◇愛称の「モラスコ」はスペイン語で貝類の意。貝を模した建物に対する愛称。
URL:http://www.tk2.nmt.ne.jp/~mollusco/
住所:〒775-0005 徳島県海部郡牟岐町灘下浜辺198-1
電話:0884-72-2520

出典|講談社
©KODANSHA
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貝の資料館の関連キーワード徳島県海部郡牟岐町内妻徳島県海部郡徳島県海部郡牟岐町川長徳島県海部郡牟岐町河内徳島県海部郡牟岐町橘徳島県海部郡牟岐町中村徳島県海部郡牟岐町灘徳島県海部郡牟岐町辺川徳島県海部郡牟岐町徳島県海部郡牟岐町牟岐浦

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

貝の資料館の関連情報