コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貴州高原 きしゅうこうげん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貴州高原
きしゅうこうげん / コイチョウカオユワン

中国南西部、貴州省のほぼ全域を占める高原。西方に続く雲南(うんなん/ユンナン)省の雲南高原をあわせて雲貴(うんき/ユンコイ)高原という。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の貴州高原の言及

【貴州[省]】より

…人民政府所在地は貴陽市。
[自然]
 貴州省はほぼ全体が貴州高原からなる。高原の平均標高は1000m,西部は1500~2000mで雲南の山地性高原部へ移行するが,両者をあわせて雲貴高原とすることも多い。…

※「貴州高原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

貴州高原の関連キーワードチャントー(常徳)特別市ホワイホワ(懐化)市ワンチョウ(万州)区貴州(省)貴州[省]湘黔線六盤水貴陽烏江