雲南(読み)ウンナン

デジタル大辞泉の解説

うんなん【雲南】[島根県の市]

島根県東部にある市。山間部では古くから、たたら製鉄が栄えた。平成16年(2004)11月に大東町、加茂町、木次(きすき)町、三刀屋(みとや)町、吉田町掛合(かけや)町が合併して成立。人口4.2万(2010)。

うんなん【雲南】[中国の省]

中国南部の省。省都昆明(こんめい)。温暖な高原地帯で、稲作などが行われ、(すず)・銅や大理石を産する。ベトナムラオスミャンマーに接し、多民族が居住(てん)。ユンナン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うんなん【雲南】

島根県東部の市。南は中国山地に連なり、北は斐伊川とその支流の流域に広がる平地。北部の平地は古代から開けた土地で、加茂岩倉遺跡など多くの遺跡、古墳がある。山間部にはたたら製鉄の遺構が残る。農林業が中心。

うんなん【雲南】

中国の南部にある省。南はミャンマー・ラオス・ベトナムに国境を接する。大部分が雲貴高原にあり、大理石・スズ・銅などを産出。人口の3分の1はタイ・ミャオ・イ・回などの少数民族。省都、昆明。別名、滇てん・雲。ユンナン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雲南の関連情報