コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賀陽采女 かやの うねめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

賀陽采女 かやの-うねめ

?-? 奈良時代の女官。
天平宝字(てんぴょうほうじ)8年(764)の正倉院双倉北雑物出用帳に薬調合用の「桂心小壱伯伍拾斤」を賀陽采女がとりだすとある。「続(しょく)日本紀」には天平神護(てんぴょうじんご)元年賀陽臣小玉女が外従五位下にすすみ,朝臣姓をあたえられたとある。同一人物とおもわれる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

賀陽采女の関連キーワード奈良時代天平宝字女官

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android