コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資格商法 シカクショウホウ

デジタル大辞泉の解説

しかく‐しょうほう〔‐シヤウハフ〕【資格商法】

国家資格や民間資格架空の資格などを、通信講座を受講するだけで取得できると勧誘し、高額な教材費・受講料をだまし取る悪徳商法。だまされた受講者がそのままにしておくと、契約が切れていないとしてさらに受講料を請求されるなどの二次被害もある。
[補説]介護福祉士行政書士など「士」のつく資格が多いことから「士(さむらい)商法」ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

資格商法の関連キーワード悪質商法国家資格士商法補説

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android