資格商法(読み)シカクショウホウ

デジタル大辞泉の解説

しかく‐しょうほう〔‐シヤウハフ〕【資格商法】

国家資格や民間資格架空の資格などを、通信講座を受講するだけで取得できると勧誘し、高額な教材費・受講料をだまし取る悪徳商法。だまされた受講者がそのままにしておくと、契約が切れていないとしてさらに受講料を請求されるなどの二次被害もある。
[補説]介護福祉士行政書士など「士」のつく資格が多いことから「士(さむらい)商法」ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android