コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤い影法師

デジタル大辞泉プラスの解説

赤い影法師

柴田錬三郎の時代小説。1960年刊行。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

あかいかげぼうし〔あかいかげボフシ〕【赤い影法師】

柴田錬三郎の時代小説。「週刊文春」誌に連載、昭和35年(1960)刊行。非情の忍者を主人公とする伝奇活劇。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

赤い影法師の関連キーワード新藤兼人磯崎新川添登国際通貨問題黒人文学メタボリズム安保闘争教育改革コーマン鈴木清順

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤い影法師の関連情報