コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時代小説 じだいしょうせつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

時代小説
じだいしょうせつ

時代設定をおもに江戸時代におきながら,歴史的事実や史料にとらわれない娯楽小説。髷物 (まげもの) ,チャンバラ小説などと呼ばれ,かつては大衆小説の主流であった。純文学が西欧文学の影響のもとに出発したのに対して,時代小説の源流は江戸時代の浪花節 (なにわぶし) や,講談などに求められる。特に,明治末期から大正中期にかけて少年向けに刊行された,玉田玉秀斎とその家族の執筆による「立川文庫」は,その後の時代小説の読者を開拓したといえよう。型式や表現手法のうえで,いろいろな実験が試みられ,文章スタイルが「です=あります」調が,その本流であったという説を成す評者もいる。初期の代表作品には白井喬二『富士に立つ影』,直木三十五『南国太平記』,大仏次郎『照る日曇る日』,吉川英治『鳴門秘帖』,林不忘『丹下左膳』などがある。ほかに,岡本綺堂や野村胡堂の捕物帖,長谷川伸や子母沢寛の股旅物,国枝史郎や角田喜久雄の伝奇物などがある。なかでも,中里介山の『大菩薩峠』は異色の作として屹立 (きつりつ) している。第2次世界大戦後,GHQ (→連合国総司令部 ) による封建性の指摘など,文化統制にもあって一時停滞した時期もあったが,やがて村上元三,山手樹一郎,山岡荘八などの登場により復興した。 1965年以降,多数の大衆誌紙が創刊される頃には,五味康祐,柴田錬三郎らが活躍。その後,山田風太郎,南条範夫,池波正太郎,藤沢周平,津本陽を輩出した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じだい‐しょうせつ〔‐セウセツ〕【時代小説】

古い時代の事件人物などに題材をとった小説。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じだいしょうせつ【時代小説】

明治時代以前の時代に題材をとった小説。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の時代小説の言及

【大衆文学】より

…この命名者は一般には白井喬二だとされているが,白井みずからは,〈大衆〉という言葉を民衆と同義に使ったのは自分だが,それに文学をつけたのは自分ではないと否定している。
[成立と多様化]
 大衆文学は成立当時,時代小説だけを指していわれていた。それは〈書き講談〉〈新講談〉〈読物文芸〉〈大衆文芸〉〈大衆文学〉と呼称が推移した過程でより明確になっていったが,基本的には近世以来の庶民文芸の伝統を復活しようとする意図の現れであり,その中核となった二十一日会の構成もまた時代小説の書き手にかたよっていた。…

※「時代小説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

時代小説の関連キーワード新篇眠狂四郎京洛勝負帖三屋清左衛門残日録喜多川歌麿女絵草紙化粧槍とんぼ切り源氏九郎颯爽記剣は知っていた最後の勝利者旅人国定竜次地の果ての獄駆込寺蔭始末孤剣は折れず赤い影法師岡っ引どぶ柳生非情剣霞の半兵衛風の呪殺陣江戸っ子侍江戸群盗伝柳生刺客状遊太郎巷談

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

時代小説の関連情報