忍者(読み)ニンジャ

日本文化いろは事典の解説

忍者

忍者とは、忍術(※)を駆使し、敵地に潜入して密偵やかく乱といった諜報(スパイ)活動をしていた人達です。特に主に戦国時代に活躍した伊賀甲賀の忍者 組織が有名です。しかし忍者という存在は、影に忍び、闇の実行部隊として活躍していたため、その実態はあまり知られていません。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

大辞林 第三版の解説

にんじゃ【忍者】

忍術を使って密偵・謀略・後方攪乱・暗殺などを行う者。戦国時代、各家に抱えられて活躍。特に甲賀・伊賀の忍者組織が有名。忍びの者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の忍者の言及

【隠密】より

…主家などの密旨をおびて探索に従事する者をいう。忍者,間者。はやくも南北朝時代に姿をあらわすが,その活躍の盛んになるのは戦国時代からである。…

【甲賀者】より

…甲賀衆とも称し,近江国甲賀郡の地侍をいう。伊賀者とともに忍者として有名。甲賀武士の活動は鎌倉時代からみられ,室町時代には近江の守護六角氏の配下に属し,山中,神保,美濃部,伴,望月の諸氏をはじめ53家を数えたという。…

【忍術】より

…兵法上の源流は,中国の《孫子》にあり,その〈用間篇〉に述べられている。兵法が中国から日本に伝わって独特の発達をし,間(かん)(調査とか謀略の意味)を用いる術,すなわち忍びの術を特別に修行する忍術が生まれ,これを行う者を忍者といった。忍者は特殊な階級として地域的に集団化した。…

※「忍者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

忍者の関連情報