コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤前垂れ アカマエダレ

1件 の用語解説(赤前垂れの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あか‐まえだれ〔‐まへだれ〕【赤前垂れ】

主に近世、宿屋・料理屋・茶屋などの接客の女がつけた赤い前垂れ。また、それをつけた女。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の赤前垂れの言及

【茶屋】より

…これらの茶屋にも給仕女が雇われ,水茶屋には客寄せに美人を置く店があり,江戸で有名な笠森お仙は明和ごろ(1770年前後)の水茶屋女である。彼女らは営業用に赤い前垂れを着けたので赤前垂れと俗称された。 茶屋女がふえるとともに,茶屋に擬装した売春宿が出現した。…

※「赤前垂れ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone