コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶屋 チャヤ

デジタル大辞泉の解説

ちゃ‐や【茶屋】

茶を製造・販売する職業。また、その家。葉茶屋。
旅人などに茶菓を供し休息させる店。茶店(ちゃみせ)。「峠の茶屋
江戸時代、上方の遊里で、客に芸者・遊女を呼んで遊ばせた家。揚屋(あげや)より格が低かった。
江戸時代、江戸新吉原で、客を遊女屋などに案内することを業とした家。引手茶屋。
芝居茶屋」に同じ。
相撲茶屋」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

茶屋【ちゃや】

茶を供応して休息させる茶店は中世末に出現したが,飲食物をあきなう煮売茶屋料理茶屋に発展するのは江戸時代で,街道筋に出る掛茶屋,町中の盛場に出る水茶屋,貸席を営む待合茶屋・出合茶屋,遊客を妓楼に案内する引手茶屋,芝居茶屋,相撲茶屋等ができた。
→関連項目島原新橋曾根崎奈良井先斗町待合

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

防府市歴史用語集の解説

茶屋

 江戸時代の道沿いにあった庶民用の休憩場所です。「茶店[ちゃみせ]」とも言います。鯖山峠にもありました。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちゃや【茶屋】

客に茶を出して休息させる茶店(ちやみせ)から発展した各種の飲食遊興店をいう。江戸時代,旅行者を対象として道中筋に出現した茶店は,途中の休息所であったから,当初は宿場を離れた山中などに開店したが,しだいに宿はずれ(棒鼻(ぼうはな))にまで進出して,これを立場(たてば)茶屋と呼んだ。宿駅保護のために,立場での食事や宿泊は禁じられたが,力餅などの名物とともに酒やさかな(肴)を提供するようになり,やがて給仕女を置いて客をひく店もできた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちゃや【茶屋】

製茶を売る店。葉茶屋。茶舗。
旅人が立ち寄って休息する店。掛け茶屋。茶屋小屋。茶店ちやみせ。 「峠の-」
客に遊興・飲食をさせる店。水茶屋・引き手茶屋・色茶屋・芝居茶屋・相撲茶屋など。
庭園内に設けられた、掛け茶屋風の小さい建物。
「茶屋女」の略。 「其あとは間あいの女とて、-にもあらず、けいせいにでもなし/浮世草子・一代男 4
染め物屋。江戸初期、茶染めが主流だった頃の称。 → 紺屋

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の茶屋の言及

【揚屋】より

…とくに大坂では揚屋制が発達し,揚屋の設備・待遇は全国一と称された。また,中級以下の遊女を招く家を茶屋と呼んで区別し,さらに私娼街でも送込み制をとってこれを呼屋といった。これに対し,江戸では発達せず,延宝(1673‐81)ころには大坂の35軒に江戸は14軒,宝暦10年(1760)ころには最後の1軒も消えた。…

【芝居茶屋】より

…江戸から明治・大正期まで劇場付近で観劇客に各種の便宜を供した施設。江戸期の芝居見物は早朝から夜までかかったうえ幕間も長く,劇場の設備も不十分で,より快適な観劇を望む客は多く茶屋を利用した。もっとも,上等席は茶屋が前もって押さえていたから,桟敷などで観劇するためには茶屋を通すほかなかった。…

【茶室】より

…〈茶室〉の呼称は近代になって普及した。室町時代には〈茶湯座敷〉〈数寄(すき)座敷〉〈茶屋〉などの語が見られたが,単に〈座敷〉と呼ばれることが多かった。また茶会記には座敷の広さだけが記されることもあった。…

【引手茶屋】より

…遊廓にあった茶屋の一種。引手茶屋がもっとも発達した江戸吉原では,高級遊女と遊興しようとする客は,まず引手茶屋にいった。…

※「茶屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

茶屋の関連キーワード大阪府大阪市西成区天下茶屋天下茶屋(敵討天下茶屋聚)群馬県安中市松井田町横川長崎県長崎市中小島福井次郎左衛門新ばし 金田中茶屋(茶店)坊主の遊び修学院離宮腰掛け茶屋野郎茶屋陰間茶屋至り茶屋休み茶屋弁慶茶屋待合遊び腰掛茶屋茶屋通い寄合茶屋孔雀茶屋

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茶屋の関連情報