茶屋(読み)チャヤ

デジタル大辞泉の解説

茶を製造・販売する職業。また、その家。葉茶屋。
旅人などに茶菓を供し休息させる店。茶店(ちゃみせ)。「峠の茶屋
江戸時代、上方の遊里で、客に芸者・遊女を呼んで遊ばせた家。揚屋(あげや)より格が低かった。
江戸時代、江戸新吉原で、客を遊女屋などに案内することを業とした家。引手茶屋。
芝居茶屋」に同じ。
相撲茶屋」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

茶を供応して休息させる茶店は中世末に出現したが,飲食物をあきなう煮売茶屋・料理茶屋に発展するのは江戸時代で,街道筋に出る掛茶屋,町中の盛場に出る水茶屋,貸席を営む待合茶屋・出合茶屋,遊客を妓楼に案内する引手茶屋,芝居茶屋,相撲茶屋等ができた。京坂では太夫(たゆう)を呼ぶ揚屋に対し,下級妓である天神を揚げて遊ぶ天神茶屋があった。水茶屋や料理茶屋には赤前垂をつけた給仕女・茶汲(ちゃくみ)女がいて,官禁にもかかわらず半ば公然の売春所であった。
→関連項目島原新橋曾根崎奈良井先斗町待合

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

客に茶を出して休息させる茶店(ちやみせ)から発展した各種の飲食遊興店をいう。江戸時代,旅行者を対象として道中筋に出現した茶店は,途中の休息所であったから,当初宿場を離れた山中などに開店したが,しだいに宿はずれ(棒鼻(ぼうはな))にまで進出して,これを立場(たてば)茶屋と呼んだ。宿駅保護のために,立場での食事や宿泊は禁じられたが,力餅などの名物とともに酒やさかな()を提供するようになり,やがて給仕女を置いて客をひく店もできた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 製茶を販売する家。葉茶屋。
② 茶室の一種。掛け茶屋風に造った茶室。
※看聞御記‐応永三〇年(1423)七月一五日「夜光台寺茶接待密密見物、若宮、宰相以下相伴、座敷餝〈茶屋〉」
③ 路傍で湯茶などを供して人を休息させる商売。また、その店。茶店。
※東寺百合文書‐を・応永一五年(1408)一一月二日・源次郎鎮守八幡宮宮仕職請文「一 宮仕部屋不置一服一銭〈南大門前〉茶具足等、并不茶屋煩等事」
※虎明本狂言・薩摩守(室町末‐近世初)「茶を一ふくたべたひ、さだめてかうまいったらば、茶やのなひ事は有まひほどに」
④ 上方の遊里で客が遊女・芸者を揚げて遊ぶ家。揚屋より格が低く、大夫(たゆう)をよぶことはできなかった。色茶屋。
※仮名草子・尤双紙(1632)上「あかき物のしなじな〈略〉茶屋のかかのまへだれ」
※浮世草子・好色一代男(1682)四「其跡は、あいの女とて、茶屋(チャヤ)にもあらず、けいせいにでもなし」
⑥ 江戸吉原で客を揚屋・遊女屋へ案内することを業とする家。引手茶屋。
※洒落本・風俗八色談(1756)四「遊女をだまして穽(はま)らせ、茶屋(チャヤ)を語て揚代をうけ合せ」
⑦ 劇場に付属して、観客の案内や幕間の休憩・食事などの世話をする所。芝居茶屋。
※談義本・根無草(1763‐69)前「芝居の内より茶屋の門々、それぞれのひいきの定紋付たる挑灯は星のごとく」
⑧ 大相撲の興行中、観客に酒食を提供したり、また相撲協会から一部の座席の売りさばきをまかされている組織。相撲茶屋のこと。
⑨ 客室があり、客の注文に応じて料理を食べさせる店。料理茶屋。
※黄表紙・高漫斉行脚日記(1776)上「なんと近日鶴が岡の茶屋で、一会もよほしたいもの」
⑩ 昔、茶色を多く染めたところから、染物屋のことをいう。後世には紺色を主として染めたので紺屋というようになった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の茶屋の言及

【揚屋】より

…とくに大坂では揚屋制が発達し,揚屋の設備・待遇は全国一と称された。また,中級以下の遊女を招く家を茶屋と呼んで区別し,さらに私娼街でも送込み制をとってこれを呼屋といった。これに対し,江戸では発達せず,延宝(1673‐81)ころには大坂の35軒に江戸は14軒,宝暦10年(1760)ころには最後の1軒も消えた。…

【芝居茶屋】より

…江戸から明治・大正期まで劇場付近で観劇客に各種の便宜を供した施設。江戸期の芝居見物は早朝から夜までかかったうえ幕間も長く,劇場の設備も不十分で,より快適な観劇を望む客は多く茶屋を利用した。もっとも,上等席は茶屋が前もって押さえていたから,桟敷などで観劇するためには茶屋を通すほかなかった。…

【茶室】より

…〈茶室〉の呼称は近代になって普及した。室町時代には〈茶湯座敷〉〈数寄(すき)座敷〉〈茶屋〉などの語が見られたが,単に〈座敷〉と呼ばれることが多かった。また茶会記には座敷の広さだけが記されることもあった。…

【引手茶屋】より

…遊廓にあった茶屋の一種。引手茶屋がもっとも発達した江戸吉原では,高級遊女と遊興しようとする客は,まず引手茶屋にいった。…

※「茶屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茶屋の関連情報