赤血塩(読み)せっけつえん

大辞林 第三版の解説

せっけつえん【赤血塩】

ヘキサシアノ鉄(Ⅲ)酸カリウムの別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の赤血塩の言及

【シアノ鉄錯塩】より


[ヘキサシアノ鉄(III)酸カリウム]
 化学式はK3[Fe(CN)6]。俗称フェリシアン化カリウム,赤血塩,赤血カリなど。1822年グメリンLeopold Gmelin(1788‐1853)により初めてつくられた。…

※「赤血塩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android