赫図阿拉(読み)ホトアラ

大辞林 第三版の解説

ホトアラ【赫図阿拉】

中国、遼寧省瀋陽の東方60キロメートルにある興京老城の旧称。1603年ヌルハチがこの地に都城を築き、清朝発祥の地として知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android