興京(読み)コウケイ

デジタル大辞泉 「興京」の意味・読み・例文・類語

こうけい【興京】

中国遼寧省の地名朝の発祥地。清の太祖ヌルハチホトアラに都し、その子太宗が興京と改称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「興京」の意味・読み・例文・類語

こうけい【興京】

  1. [ 一 ] 中国遼寧省新賓県の中の地名。清朝発祥の地で、清代の興京府。興京老城城跡がある。→興京老城(こうけいろうじょう)
  2. [ 二 ] 中国遼寧省新賓県の旧称。中華人民共和国成立以前に用いられた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android