コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

興京 コウケイ

大辞林 第三版の解説

こうけい【興京】

中国、遼寧省の撫順の東に位置する都市。1603年、清の太祖ヌルハチがここに築城。清朝の発祥地として知られる。ホトアラ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

興京の関連キーワードヘト・アラ(赫図阿拉)サルフの戦い市川 朝太郎尾上 松緑尾上 紋弥新妻 四郎サルフの戦月田 一郎五月 藤江松本 泰輔葛木 香一小泉 嘉輔柳条辺牆興京老城赫図阿拉玄菟郡撫順築城通化後金

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android