コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

興京老城 こうきょうろうじょう

2件 の用語解説(興京老城の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

興京老城
こうきょうろうじょう

「ヘト・アラ (赫図阿拉)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

興京老城
こうけいろうじょう

中国、清(しん)の太祖ヌルハチの居城の地。その城跡は遼寧(りょうねい/リヤオニン)省新賓(しんひん)県老城にある。ヌルハチは1603年ここに築城し、以来16年間根拠地とした。この間に女真族を平定し、八旗(はっき)制度を整えて、後金(こうきん)国の基礎を築くとともに、1619年にはサルフの会戦で明(みん)軍を大破して、明朝治下の遼東地方南部への進出の端緒を開いた。この城の地は本来満州語でヘトアラHetu Ala(赫図阿拉)といったが、1633年太宗ホンタイジのときに興京と改称され、1877年以後は興京老城とよばれた。なお、この城より先、1587年にヌルハチは同じヘトアラ地区に最初の居城を築いたが、これは興京旧老城と呼び習わされている。[若松 寛]
『若松寛著『奴児哈赤』(1967・人物往来社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone