コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超並列コンピュータ ちょうへいれつコンピュータ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超並列コンピュータ
ちょうへいれつコンピュータ

演算プロセッサを数千台から数万台結合し,それらを並行して動かしながら全体として一つの処理を行なうコンピュータ。いわゆるスーパーコンピュータを実現するための技術の一つで,大量のデータを高速に処理するためにハードウェアソフトウェアが開発され,流体力学,気象現象,素粒子現象などの科学技術の問題に対する数値計算シミュレーション実行に応用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

超並列コンピュータの関連キーワードゴードンベル賞MPP

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android