コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超臨界圧火力発電 ちょうりんかいあつかりょくはつでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超臨界圧火力発電
ちょうりんかいあつかりょくはつでん

超臨界圧ボイラを用いて蒸気タービンを作動させて行う発電。設備経費が高価になるが,熱効率の向上が望めるので,火力発電に広く採用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

超臨界圧火力発電の関連キーワード超臨界圧ボイラ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android