コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

趙伯駒 ちょうはくくZhao Bo-ju

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

趙伯駒
ちょうはくく
Zhao Bo-ju

中国,宋の宗室画家。活躍期は北宋末,南宋初期 (12世紀初~中期頃) 。宋の太祖の7世の孫。官に仕えて浙東路けん轄 (けんかつ) となり,画家としては王せん,趙大年らと同じく唐朝絵画様式の復興に努め,なかでも李思訓李昭道の金碧山水形式を得意とした。現存する『秋景山水図巻』 (北京,故宮博物院) はその代表作で,青緑の装飾的山水画風および,北宋山水画の大観的構成法を示している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

趙伯駒の関連キーワード北宗画銭選

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android